2017年01月31日

ネットを見る時間を減らす方法

smartphone_chudoku.png通勤時間や休みの日、ネットのニュースや記事をみて、長い時間を過ごしがちです。ボーっと何も考えずにできるから。一番楽な過ごし方。

ふと気づくと、週末なにもしていない、ネット見ていただけ、ということが多々あります。

とても空しい過ごし方です。一人暮らしの寂しい人間には楽な過ごし方なのですが、あまり精神衛生には良くないです。ぼーっと画面を見ながら、際限なくお菓子を食べれてしまいますし。

すべての時間を有意義なものにしよう、というのも苦しい生活です。ネットを見ていた時間をすべて運動や、読書、勉強に費やしたくはありません。やっぱり生活には余白、余裕がほしいもので、何もしない時間を作りたいです。でもそれはネットを見るのではなく。もっと違う時間の余白の使い方をしようと思います。

私が、世界情勢や、政治のニュースを熱心に見たところで、世界は何も変わらないのです。ニュースをみると悲しかったり、苛立たしいかったり、いやな気持になってり、心が騒ぎます。

心が穏やかになるような時間を過ごすために、いくつかチャレンジしました。

1.パソコンで単純なゲームをする。マインスイーパー、ソリティア。
2.紙とペンでできるナンプレ、クロスワードをする。
3.編み物をする。

頭を使わない単純作業の繰り返し、が私は好きなのです。パソコンを見る時間を減らしたいので、1は却下。2はしばらくすると飽きます。3は結構熱中できます。きつく編むと指が痛くなってくるのが難点ですが、何かを作る、というのはレゴを作る子供の用に心を穏やかにしてくれます。編み物は結構おすすめです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代一人暮らしへ
にほんブログ村 ランキング参加しました。クリックいただけると嬉しいです。
posted by はな at 12:00| Comment(0) | 心のメンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅行すると、体調悪化

travel_woman.png私は子供のころから便秘症で悩んでいました。今は食生活や運動、コーヒーで快調です。しかし旅行にいくと、一気にダメになってしまいます。お通じが悪いと、お腹にガスがたまり、おなかが張って苦しいです。長い旅行に行くと、色々大変です。体調悪く、気持ちも心配ごとがでてきて楽しめません。

実家に帰っても、途端に便秘になってしまいます。いつも通り朝一番にアイスコーヒーをがぶ飲みしてもダメ。いつもなら覿面に効く酸化マグネシウムを飲んでもダメ。

ところが自分の家に戻ると、調子が良くなります。

長年一人暮らしをしていると、自分の家が一番リラックスできるところなのでしょう。実家でもダメですね。

どこか旅行に行って羽を伸ばそう! としても自宅以外では体のサイクルが狂ってしまって、体調が悪化してしまうのはどうすればよいのでしょうか。旅行大好きな人は、体が丈夫な人なのでしょうか。羨ましいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代一人暮らしへ
にほんブログ村 ランキング参加しました。クリックいただけると嬉しいです。
ラベル:健康
posted by はな at 08:00| Comment(0) | 体のメンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

電気のいらない防寒グッズ

家の中で机に座ってパソコンに向かっているときは、足温器を使っています。足先はぽかぽか。でも家にいると、台所にいったり、お掃除したりと、ずっと座っていることはなくあちこち動き回ります。そうすると足温器に足を突っ込んだままではいれないので、寒いのです。

MOGU ルームレッグウォーマー (BK ブラック) 011094


そこでつかっているのがふくらはぎをあっためるレッグウォーマー。パウダービーズが入っているのでもこもこ嵩張り人に見せられる格好ではなくなりますが、まあ家の中なので。このかさばるビーズが体温をがっちりキープしてくれるので普通のレッグウォーマーより暖かいのです! 電気がいらないので充電もいらないし、電気のコードもつかない、家じゅう歩けます。

特に東日本大震災後は冬でも節電の呼びかけがあったので大活躍でした。今でも地味に使っています。何があるかわかりませんから、電気のいらない暖房グッズは大切です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代一人暮らしへ
にほんブログ村 ランキング参加しました。クリックいただけると嬉しいです。
posted by はな at 12:00| Comment(0) | 家計・買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ねんきんネット」で将来の年金額を計算

nenkin_techou_blue.png毎年、日本年金機構から、「ねんきん定期便」というはがきが送られてきます。そこには、今までの納付額から計算した将来の年金受給額が記載されています。

その時点の年金額なので、要するに、その後年金納付を一切やめた場合の年金額です。

で、実際に納付を続けていたらもらえそうな年金額は・・・? これが記載されていないんですよね。

どうすればよいのか調べたところ、日本年金機構が運営している「ねんきんネット」で試算できることが分かりました。

基礎年金番号を準備して、ねんきんネットにログインしようとしたところ、IDとパスワードがわかりません。昔は年金定期便に一緒に記載してくれていたのですが、ここ数年辞めてしまったようです。ねんきんネットのトップページの真ん中にある新規IDの申請ボタンを押して、希望するパスワードや、秘密の質問を登録して、さらにログインIDがはがきで家にやってくるのを待たないといけません。

中々忍耐を要するプロセスですね。

ようやくやってきたはがきをもとに、ねんきんネットにログインしました。「年金見込み額試算」というメニューから色々な条件設定で年金額を確認できます。

本当に試算額が受給できるなら、10年頑張って今の仕事を続けて節約して貯金すれば、リタイアできるかも。

という夢のある結果でしたが、将来年金額が減らされる可能性が高いですよね。将来の計画は難しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代一人暮らしへ
にほんブログ村 ランキング参加しました。クリックいただけると嬉しいです。
ラベル:年金 リタイア
posted by はな at 08:00| Comment(0) | 家計・買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

「007 ゴールデンアイ」マーティン・キャンベル(監督)1995年

ゴールデンアイ [Blu-ray]

5代目ジェームズ・ボンド、ピアース・ブロスナンの最初の007作品です。

007シリーズの、全面近代化、リニューアルに成功した作品ですね。私は、歴代ボンドの中で、ピアース・ブロスナンが一番ジェームズ・ボンドのイメージに近いと思います。ちょっとお堅すぎる感じはしますが。

アクションとCGの凄さで、映像の近代化を果たしたほか、脚本も悪の組織と戦う正義のMI6、から内部の裏切者の登場で複雑化しています。世界は単純な白黒ではなくなりました。男女、人物像の書き方についても現代化されており、戦う男と添え物女から変わっています。

ボンドの上司、Mが女性に交代。ボンドに「お前は性差別主義者で冷戦時代の恐竜だ」と言い放つセリフは公開当時、かなり話題になりましたね。お色気担当の代名詞、ボンドガールも、ボンドの任務に戦力として協力するばかりか「早くして!」とどなりつけボンドが「イエッサー」と答える有様。

しかし、いくら近代化を果たしたといっても、007の楽しさは馬鹿馬鹿しい展開、アクションです。マクドナルドが健康志向の商品を出しても意味がないのです。マクドナルドに求められているのはメガマックのようなジャンクフード。山もりのギトギト二度揚げポテト。007にポリティカル・コネクトネスはいらないのです。

そのへんのサービス精神は健在で、戦車で市街地を走り回り壊しまくるシーンは、笑えてお腹が痛かったです。スーツで戦車って。スパイって隠密行動って何ですか。戦車の上に銅像のデコレーションがついた映像はまた悪乗りしすぎで面白すぎました。アホすぎる・・・! 登場人物みんな真面目な顔で、シリアスしてんのかコメディしてんのか判断に悩みますね。

ちょっと困ったことと言えば、コンピュータの出るシーンですよ。ええ、私はIT技術者なので、細かいことに気づいてしまうのです。ボンドガールが「メインフレーム」とセリフの中で明言しております。(日本語字幕はメインコンピュータだけど)このボンドガールはプログラマで、他にもオタクなプログラマが登場するのですが、ピコピコとプロンプトが出てくる画面でメインフレームの対話式処理をしているわけですよ。

真っ黒なプロンプト画面ならそれでいいのに、わざわざ人間のアイコンつけて(しかも四角なアイコンでもない、でかいアニメみたいな人間)、吹き出しみたいな枠まで画面で表示して。そんな面倒くさい画面をメインフレームで作って遊ぶプログラマがいるとでも。

更に、難を逃れたボンドガールが町中のコンピュータショップで、パソコン使って仲間に連絡って。仕事用のメールアカウントのメールサーバーにアクセスした瞬間にサーバー管理者に捕捉されるの確実なのに。私用のスマホや携帯のキャリアメールとはわけが違うでしょ。。。後ろ暗いことをしていた組織がWebのフリーメールのアドレスの私用利用を許すわけがなく。

しかも、最後はメインフレームのプログラム暗号化して止めるとか、数分で、カチャカチャやってリターンキー! ターン! でやるとか。なんなんですか。適切な暗号化ライブラリを参照したプログラムソースの作成、開発環境でのコンパイル実行、生成された実行ファイルの本番環境へのリリース(置き換え)とか、何より動作確認のテストとか。通常手順考えると最短でも1、2時間は必要でしょう。3分でターン! ・・・って。

なんかね、プログラマが映画に出ると途端にリアリティが薄れるのが残念ですね。プログラマ=魔法使い、ぐらいの勢いになってます。ITも専門家の監修つけてほしいなあ。所詮映画なんだから、とおおらかに鑑賞できる広い心がほしいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代一人暮らしへ
にほんブログ村 ランキング参加しました。クリックいただけると嬉しいです。
ラベル:映画
posted by はな at 12:00| Comment(0) | 本・映画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする